遊戯王カード デッキマスター

デッキマスター
乃亜編で使用されたデュエルモンスターズの特殊ルール。ゲームそのものは通常のデュエルモンスターズと同じだが、以下の点が異なる。

自分のデッキからモンスターカードを一枚選び、そのモンスターを自分のデッキマスターとする。デッキマスターはフィールドとは別の場所に置いておく。
デッキマスターはそれぞれ「デッキマスター能力」という特殊効果を持つ。この効果は相手ターン中にも使用でき、発動と効果は無効化されない。
デッキマスターは自分のモンスターとして自分の場に特殊召喚することができる。デッキマスターは生け贄召喚のための生け贄にはできないが、儀式召喚の生け贄と融合素材としては使用することができる。
デッキマスターが墓地に送られたプレイヤーは、そのデュエルに敗北する。また、デッキマスターを融合素材にした場合と儀式召喚の生け贄にした場合は、それによって召喚されたモンスターが墓地に送られた時、そのプレイヤーはデュエルに敗北する。
アニメに登場したデッキマスターとその効果は、以下に掲載する。モンスター名の後の名前は使用したプレイヤーである。

青眼の白龍(海馬[コンピューター])
デッキマスターのこのカードを素材とした「青眼の究極竜」は融合したターンに攻撃できる。
絶対防御将軍(コンピューター)
絶対防御バリア:相手が攻撃宣言した時にライフを1000ポイント支払い攻撃してきた相手モンスターを破壊する。
深海の戦士(ビッグ1)
リフレクター・ホール:自分の場のモンスター2体を生け贄に捧げる事で、相手モンスター1体のモンスターへの攻撃を無効にし、そのモンスターの攻撃力分のダメージを相手に与える。この効果は何度でも使用できる。
クリボー(遊戯)
相手からの致死量の戦闘ダメージを1度だけ0にすることができる。その後、クリボーは場に特殊召喚される。
ペンギン・ナイトメア(ビッグ2)
自分の場の水属性モンスターの攻撃力を200ポイントUPする。
ブラック・マジシャンガール(杏子)
ソウル・サークル:場に召喚された時、自分の墓地の魔法使い族モンスターの数だけデッキからカードをドローする。
ジャッジ・マン(ビッグ3)
無期懲役:1000LP払う事によって発動。相手の場のモンスターを全てゲームから除外。除外したモンスター1体につき500ポイントのダメージを相手に与える。
炎の剣士(城之内)
このモンスターの攻撃力を100単位で味方の戦士族モンスターの攻撃力に供給する(供給した分だけ自身の攻撃力は減る)。
機械軍曹(ビッグ4)
支援砲撃:自分の手札の機械族モンスターを捨てることで相手プレイヤーに500ポイントのダメージを与える。
レアメタル・ナイト(本田)
場に伏せカードをセットすることで攻撃力を1000ポイントUPする。
本田は苦し紛れにデッキマスター能力でこのカードの攻撃力を上げるが…。
速攻の黒(ブラック)忍者(御伽)
手札を2枚捨て自分の場以外に置かれた伏せカード1枚を自分のカードとして使用する。
心眼の女神(静香)
フュージョニック・アイ:手札の魔法カードを捨てることで、融合カードを使わなくても自分のモンスター2体を融合させる事が可能。
人造人間−サイコ・ショッカー(ビッグ5)
相手の罠カードの発動と効果を永続的に無効化する。自分は罠カードを使用可能。
ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−(海馬)
500LPを払う事で自分の手札のドラゴン族モンスター1体を通常召喚する機会を得る。
ブラック・マジシャン(遊戯)
セパレート・マジック:ライフを1000ポイント支払うことでこのターンに使用した魔法カードを墓地から1枚手札に加える。
カイザー・シーホース(海馬→遊戯)
光属性の上級モンスターを生け贄召喚する際、その生け贄を1体だけ減らすことができる。
奇跡の方舟(乃亜)
収容能力:互いの墓地に送られるべきモンスターカードと墓地に存在するモンスターカードを方舟に収容する。
絶対防御:攻撃されたとき攻撃モンスターの数だけ方舟から守備モンスターをランダムに選び場に出す。
生命の回復:収容されたモンスターを全て除外し、1体につき500LP回復する。
能力を発動しはじめてから7ターン後、天界王シナトとなる。
天界王シナト(乃亜)
相手に与えたダメージの数値分、自分のライフを回復する。
輪廻転生:場に出ているこのカードが破壊されそうになったとき、その破壊を無効にして再びデッキマスター本来の位置に戻る。この能力を使用した後は再びシナトを召還することはできない。
勘違いしやすいが守備モンスターを破壊すると相手のライフを半分にする能力も持っているがこれはシナト自身の特殊能力である。

決闘(ディアハ)
三千年前の古代エジプトで行なわれていた戦いの儀で、デュエルモンスターズの原型ともいえる儀式。自らの心の映し身である精霊や、罪人の悪しき心に宿る魔物を召喚して戦わせる(ただし悪人でも自身の行いに罪悪感を感じていなければ精霊を召喚できる)。アニメでは精霊を召喚する際にデュエルディスクに酷似した道具「ディアディアンク」を使用する。