遊戯王カード オレイカルコス

オレイカルコスの結界
秘密結社ドーマの面々が使用したフィールド魔法カードです。フィールド魔法だが、デュエル中に及ぶ効果は自分のみに適用される。自分のモンスターの攻撃力を500ポイントアップさせ、魔法や罠のカードを置くゾーンにもモンスターカードを召喚できる。
このカードを使用した場合、デュエルの敗者は魂を抜き取られ、オレイカルコスの神の生贄となる。また、オレイカルコスの力以外では、いかなる方法をもっても無効にはできない。使用中はプレイヤーと場のモンスターの額にオレイカルコスの結界陣が浮き出し、目が赤く光るという特徴がある。
ダーツのみが持つ第二の結界「オレイカルコス・デウテロス」、第三の結界「オレイカルコス・トリトス」によって生まれるオレイカルコスの三重結界はさらに以下の効果が全て付け加えられ、まさに鉄壁の結界となる。
オレイカルコス・デウテロス:毎ターン、自分の場にいるモンスター1体につき、500ポイントのライフを回復する。また、自分の場にいるモンスター1体を生贄にすることで、相手モンスターの攻撃を無効にし破壊する。
オレイカルコス・トリトス:自分のモンスターへの魔法・罠を無効にする。
オレイカルコス・シュノロス
「オレイカルコス・キュトラー」(相手モンスターから受ける全てのプレイヤーへの戦闘ダメージを無効にし吸収する)によって特殊召喚されたモンスター。以下の右腕と左腕と共に召喚される。その攻撃力は、「キュトラー」が吸収した合計となる。遊戯との対戦では20000という驚異的な攻撃力を得た。また、戦闘するたびに相手モンスターの攻撃力分を下げなければならない。必殺技はフォトン・リング。
オレイカルコス・デクシア:「シュノロス」の右腕。「シュノロス」が存在する場合、破壊する事はできない。この攻撃力は相手モンスターの攻守を常に300ポイント上回る究極の剣。
オレイカルコス・アリステロス:「シュノロス」の左腕。「シュノロス」が存在する場合、破壊する事はできない。この攻撃力は相手モンスターの攻撃力を常に300ポイント上回り、全ての攻撃を受け止める究極の盾です。

遊戯王カード 伝説の竜

かつてデュエルモンスターズの世界を救い、その時の戦いで力を封印された名前すら忘れ去られた三体の竜。選ばれた決闘者のみがその封印を解くことが出来ると言われている。ペガサスもその存在を認知しており、竜を仮の姿と称している。遊戯、海馬、城之内が選ばれた。

ティマイオスの眼
効果はモンスターと合体して新たなモンスターとなる。グリモ戦後で遊戯が選ばれ、初陣はラフェールとの初戦であった。合体したモンスターは、「ブラック・マジシャン」と「ブラック・マジシャン・ガール」。出現したカードは「アミュレットドラゴン」、「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」。
本当の伝説の三騎士ティマイオスの姿は遊戯そのもので片目に傷を持つ隻眼。そのモンスター効果は「クリティウス」と「ヘルモス」と合体する事で攻撃力∞の「合神竜」となる。
クリティウスの牙
効果は罠カードと合体して新たなモンスターとなる。決闘者の王国でのアメルダとのデュエルの最中に海馬が選ばれ、その時に使用される。合体した罠カードは「死のデッキ破壊ウィルス」、「タイラント・ウイング」、「聖なるバリア ミラーフォース」。出現したカードは「デスウィルス・ドラゴン」、「タイラント・バーストドラゴン」、「ミラーフォース・ドラゴン」。
本当の伝説の三騎士クリティウスの姿は海馬そのものであった。そのモンスター効果は、デュエル中に使用した罠カードを吸収し発動する。
ヘルモスの爪
効果はモンスターと合体して新たな装備カードとなる。ドーマに入った舞とのデュエルの最中に城之内が選ばれ、その場で使用される。合体したモンスターは「時の魔術師」、「真紅眼の黒竜」、「ロケット戦士」、「ビッグバンブロー・アーマー」、「クィーンズ・ナイト」。出現したカードは「タイムマジック・ハンマー」、「レッドアイズ・ブラックドラゴン・ソード」、「ロケットヘルモスキャノン」、「ビッグバンドラゴンブロウ」、「女神の聖弓 アルテミス」。
本当の伝説の三騎士ヘルモスの姿は城之内そのものであった。そのモンスター効果は、墓地のモンスター効果を吸収する。また、デッキからモンスターを3体吸収することで受けた攻撃を3倍にして跳ね返す。

遊戯王カード 三幻神

絶大な力を持つ三枚のカード「オベリスクの巨神兵」「オシリスの天空竜」「ラーの翼神竜」の総称。三千年前の古代エジプトの神官(セト)が残した壁画を見たペガサスが、そこに刻まれていた三体の幻神獣の絵を元に作り上げた。この三枚のカードはまるで本物の神が宿ったかのように強大な力を持ってしまい、その力を恐れたペガサスは王家の谷に封印した。だが、グールズの手によって「オシリス」「ラー」は盗み出され、「オベリスク」はイシズを通じて海馬の手に渡った。バトルシティの戦いを経て、三枚のカードはアテムの元に集まった。この三枚のカードはアテムの記憶を呼び覚ます鍵でもある。神のカードは三体のモンスターを生贄に捧げる事によって召喚でき、大半の魔法・罠・効果モンスターは無効にされ、有効の場合は1ターンのみとなる(その為、蘇生カードを使っても1ターン後に墓地に戻る)。このカードを元に『R』では三大邪神「邪神ドレッド・ルート」「邪神アバター」「邪神イレイザー」のカードが、新シリーズの『GX』では三幻魔「神炎皇ウリア」「降雷皇ハモン」「幻魔皇ラビエル」のカードが製作された。三幻神の実際のカードはゲームボーイカラーソフト『遊戯王デュエルモンスターズ4〜最強決闘者戦記〜』の特典として配付されたが、余りに極端な効果の為公式ゲームでは使う事が出来ない。(そもそも効果が書かれておらず、同ゲームの攻略本のお遊び企画で効果が付けられたのみ)後にコンピュータゲームでは使用可能になったが、バランスを考えて劇中とは効果が大きく低下している。
オベリスクの巨神兵
劇中に最初に登場した神のカード。青い体と圧倒的な巨体が特徴。三幻神の中で唯一、4000ポイントという攻撃力・防御力が初めから設定されている。2体のモンスターを生贄に捧げる事で全ての敵モンスターを破壊する特殊能力「オベリスク・ゴッド・ハンド・クラッシャー」を持つ。記憶編ではアテムの精霊として登場。現代のオベリスクとは若干形状が違っており、角や胸に模様が入っている。
必殺技はゴッド・ハンド・クラッシャー、ゴッド・ハンド・インパクト、映画のみインフィニティ・ゴッド・インパクト。
オシリスの天空竜
二つの口を持った赤い龍のような姿をした神。自分の手札の枚数×1000によって攻撃力、守備力が増減するという特徴がある。敵モンスターが召喚されると攻撃力2000の攻撃を自動的に行なう為、攻撃力または守備力が2000以下のモンスターは召喚する事さえ出来ず、また攻撃力・守備力2000以上のモンスターも、ステータスが2000削られるのでほぼ無力化してしまうという、徹底的な相手モンスターのシャットアウト能力を持つ。グールズに奪われ、最初は強力な敵モンスターとして遊戯を苦しめたが、その後は遊戯の手に渡り、バトルシティ決勝大会を勝ち進む切り札となった。記憶編にも登場し、得意の空中戦でバクラのディアバウンドを追い詰めるものの、最後は倒されてしまった。最終章である遊戯とアテムの別れの戦いではアテムの切り札として登場。
必殺技は召雷弾、(超電導波)サンダーフォース。
ラーの翼神竜
三体の神の中で頂点に君臨するカード。普通に召喚された場合、スフィア・モードと呼ばれる球体で攻撃も守備も出来ない。カードに書かれた古代神官文字(ヒエラティックテキスト)の呪文を読み上げる事によって変形し戦闘形態となる為、古代神官文字を読める者にしか扱えない。尚、ラーの攻撃力と守備力は生贄にした三体のモンスターの攻撃力・守備力を合計した数値となる。その為、生贄無しで召喚した場合、攻撃力・守備力は0になるが、「古代神官文字を唱えたブレイヤーにのみ従う」、「プレイヤーのLPから1ポイント引いた数値と、任意で生贄にした自軍の他のモンスターの攻撃力分の数値を自身の攻撃力に加える事が出来る」、「LPを1000P支払う事によって、神を含むあらゆる敵モンスター1体を破壊する」という3つの特殊効果を持っている。
必殺技はゴッド・ブレイズ・キャノン、ゴッド・フェニックス。

アーマーモンスター
ドーマの三銃士ヴァロンの主力である。プレイヤーに装着し攻撃するという特異なモンスターだが、大半が攻撃力0である代わりに強力な効果を持っている。要となる「サイキック・アーマー・ヘッド」を元に様々なアーマーを召喚する。ヴァロンは「アーマード・グラビテーション」によって一気に全てのアーマーを装着し攻撃する戦法を得意とする。アーマーモンスターは共通として1ターンに1体しか攻撃できないが、身代わりの効果を持っている。また、装着せずに使用する「ダブルクロス・アーマー」も存在する。

サイキック・アーマー・ヘッド
プレイヤーに装着する頭部のパーツ。ドロースキップした場合、デッキから「アーマーモンスター」1体を手札に加えることができる。また、墓地に存在する時、このモンスターを特殊召喚できる。ちなみに、頭部のためか相手の情報を常に解析までしてくれている。
トラップバスター・アーマー
プレイヤーに装着する左手のパーツ。
オーバーブースト・アーマー
プレイヤーに装着する足のパーツ。
ビックバンブロー・アーマー
プレイヤーに装着する右手のパーツ。このモンスターが戦闘で破壊されたとき、場にいるモンスターを全て破壊し、破壊されたモンスターの攻撃力の合計分のダメージを各プレイヤーは受ける。必殺技はジ・エンド・オブ・クラッシャー。
アクティブガード・アーマー
プレイヤーに装着する体のパーツ。プレイヤーに発生する効果ダメージを0にする。
バーニングナックル・アーマー
プレイヤーに装着する右腕のパーツ。場に存在する「アーマーモンスター」1体につき、攻撃力が200ポイントアップする。また、戦闘を行ったモンスターの攻撃力を、このモンスターの攻撃力分下げる。
ジェットガントレット・アーマー
プレイヤーに装着する左腕のパーツ。このモンスターが破壊されたとき、相手モンスターを1体破壊する。
バスターナックル・アーマー
プレイヤーに装着する右腕のパーツ。場に存在する「アーマーモンスター」1体につき、攻撃力が200ポイントアップする。
アドバンスドシールド・アーマー
プレイヤーに装着する盾のパーツ。
バスターパイル・アーマー
プレイヤーに装着する右腕のパーツ。戦闘時にこのモンスターが受けるダメージは0になり、戦闘を行った相手モンスターを破壊する。さらに、相手プレイヤーに500ポイントのダメージを与える。
ブラックホールシールド・アーマー
プレイヤーに装着する左腕のパーツ。このモンスターが破壊されたとき、プレイヤーへのダメージを0にすることができる。

遊戯王カード 戦いの儀

自らの名前=アテムと、全ての記憶を取り戻したファラオこと闇遊戯。一ヵ月後、一行はイシュタール家の誘いでエジプトを訪れる。誰かがアテムと「戦いの儀」つまりデュエルを行い、魂を安らかに眠らせる必要が有ると言う。即ちそれは、アテムが冥界へ旅立つ為の別れの戦いである。その戦いは、遊戯が自らの意思で受ける事となった。そしてルクソールの王家の神殿で始まった、遊戯とアテム、最後のデュエル。お互い一歩も引かず、ファラオの魂の為、それ以前にデュエリストとしての真剣勝負が繰り広げられる。そして、物語のフィナーレを飾るに相応しい感動のデュエルとなった。

TVアニメ版では原作の流れに大幅に肉付けされ、海馬兄弟がエジプトに同道している他、「オシリスの天空竜」「オベリスクの巨神兵」「ラーの翼神竜」の三幻神をアテムが同時召喚して迫るスペクタクルが追加されており、遊戯が如何にこれを破るかと言ったサスペンスフルなくだりや、これまで二人の遊戯が多用して来たモンスター達を次々に登場させる等、約4年に渡る長期放送の結末を飾るに相応しい豪華でドラマチックな展開が描かれた。

神のカード ファラオの記憶編

神のカードは揃った。童実野美術館の石版の前(アニメではエジプトのピラミッド)でその3枚のカードを翳すと…。闇遊戯は古代エジプトの神殿にいた。ファラオと呼ばれるが名前は無い。周りには付き人が大勢いる。そして神官達が石版から魔物や精霊を召還して戦う。その姿は、正にデュエルモンスターズのデュエルそのものであった。古代エジプトにもデュエルが有ったと言うのか。その時神殿に乱入した男。その男は自らを「盗賊王バクラ」と名乗り、召還獣での戦いが始まるが、神官達は苦戦する。更に、バクラは先代王のミイラを持ち出していた。自分の父親の変わり果てた姿を目の当たりにし、遂に、激怒したファラオが立ち上がった。「神」を召還し、バクラを倒したかに見えたが…。一方、遊戯達は闇遊戯の行方と、彼の本当の名を明らかにするため闇遊戯の記憶の世界へ入り込み、王の真実の名が封印されている王家の谷へ向かうのだが、そこに立ちはだかったのは闇獏良だった。闇獏良は現代の遊戯達にデュエルモンスターズでの戦いを挑んでくる。両側の戦いは激しくなる一方である。ファラオは、自らの名前を見出す事が出来るのか。原作初期で獏良が初登場したモンスターワールド編を布石とした、本編のクライマックス。物語上の様々な謎や伏線はほぼこの章で明らかとなる。

又、原作には無い物として「古代デュエルディスク」(ディアディアンク)なる物が存在する。実際これは無くても良い様な物で、何故これを新たに出現させたかは恐らく現代版のデジャヴを見せる為だろう。

遊戯王カード KCグランプリ編

ドーマ編終了後、原作の最終ターンの放送に入る前に今一度、約3ヶ月に亘って放送されたアニメオリジナルストーリー。

(ドーマ編の舞台であったアメリカから)日本に帰る費用が無い事に困惑する遊戯達。その頃、ドーマの策略で社名に傷がついた海馬コーポレーションは、社運を賭けて世界規模のデュエル大会「KCグランプリ」を企画していた。モクバからの提案で、城之内は選手として、遊戯は優勝者とのエキシビジョンマッチの対戦相手としてこの大会に出場すれば、遊戯たちは海馬社の配慮で帰国出来る事になる。純粋なデュエル大会になるかと思われたが、海馬はジークと名乗る謎の選手に不安を感じていた。ジークは「ワルキューレ」や「ヴェルダンディ」等の北欧女神をモチーフにした、今まで遊戯たちが見た事も無い様なカードを駆使し、恐ろしい程の強さで対戦相手を蹴散らしていく。一方試合にはレオンと言う、デュエルを愛する純真な少年が出場していたが、レオンも又、「赤ずきん」「シンデレラ」等のグリムやアンデルセンの童話をモチーフにした未知のカードを次々と繰り出し、猛烈な強さで勝ち進んで行った。やがてジークとレオンが決勝戦で戦う事になるが、試合開始直前、遂に海馬はジークの正体を突き止める。

遊戯王カード ドーマ編

原作がバトルシティ編終了後、一時休載を経てファラオの記憶編を連載していた為、ストックが不足する事から10ヶ月に亘って挟んだアニメオリジナルストーリーです。実は。

失われた記憶を見つける為、童実野美術館の石版の前で3枚の神のカードを翳す闇遊戯だが、封印は説かれず、逆に石版が凍結してしまった。同時に世界中でデュエルモンスターズが実体化し、パニック状態となる。更に遊戯の前に現れた、「ドーマ」と名乗る組織の男達。遊戯は彼らの一人グリモと、負けたら魂を封印される闇のデュエルで戦う事になるが、そこでグリモは未知のフィールド魔法「オレイカルコスの結界」を発動する。このカードは召喚上限数を上回る数のモンスターを召喚してパワーアップさせる事が出来る強力な魔法だった。辛うじてグリモを倒した遊戯達に、アメリカのペガサスから「大変な事が起きた、直ぐに来て欲しい」という連絡が届き、一行はアメリカへと旅立つ。一方海馬は、自社株が何者かに大量に買い付けられ、会社が乗っ取られそうになっている事を知る。その買い主とは何とペガサスであった。彼は、先程遊戯に助けを求めていたとは思えない態度で、海馬に勝負を挑んで来た。

乃亜編 遊戯王カード

アニメのバトルシティ編のストーリーが原作に追いついた為、半年に亘って間に挟んだアニメオリジナルストーリー。

バトルシップは決戦の舞台「人工島(アルカトラズ)」へ向けて進んでいたのだが、突如として海中から現れた巨大建造物によって捕捉されてしまう。そこにいた少年は「海馬乃亜」。乃亜は遊戯達をBIG5のいる仮想現実に誘い込み、「デッキマスタールール」でのデュエルを強要する。負ければ体を奪われるデュエルに、遊戯達はそれぞれ別行動で挑んでいく。そして乃亜の正体は…


バトルシティ編 遊戯王カード

童実野美術館に呼び出された海馬が出会ったのは、エジプト政府の要人イシズ・イシュタール。彼女は海馬に、「3枚の神のカード」にまつわる話を聞かせ、その神のカードの一枚である「オベリスクの巨神兵」を託す。そしてレアカード強奪集団「グールズ」を滅ぼし、残りの二枚の神のカードを手に入れるべく、デュエル大会「バトルシティ」の開催を宣言する。時同じくして、童実野美術館を訪れた遊戯は、一枚の大きな石版を目の当たりにする。そこに描かれていたのは、正しく遊戯自身であった。一方、グールズ側も動き出していた。首領「マリク」は、神のカードと、「千年ロッド」を持っている。バトルシティ開催前夜、城之内は謎の集団に襲われ、「真紅眼の黒竜」を奪われてしまう。その集団こそ、グールズのレアハンターであった。そしてバトルシティ開催直後、遊戯がそのレアハンターと対決をする事に。城之内は、成長して遊戯と戦いたい、その一心で戦いに身を投じる。そして遊戯はこの戦いの末、己の記憶が蘇ると信じて戦いに挑む。城之内がマリクに洗脳されてしまうが、友を信じる遊戯の心がマリクの悪の手に打ち勝った。バトルシティは決勝トーナメントに進む。千年アイテムを持つ者が次々と進出し、神のカードを巡る戦いが最終局面に差し掛かろうとした時、マリクに宿っていた邪悪なる人格が目覚める。
余談なのですが、決闘盤(デュエルディスク)の設定が少し異なる。原作版ではカードをフィールド上に5枚しか置けない(何故か31巻にてマリクが1度に5枚以上のカードを使用しているが)。アニメ版では、召喚ゾーンとリバースゾーンが別に存在しているため、最大カードを10枚置ける。アニメ版だとデュエルディスクは変形し折りたたまれるのだが、原作版だとコンパクト(に見える)な代わりに、変形ができなくなっている。ちなみに本編中でのマリクのセリフから、外観のわりに軽いらしい(彼はバイクの横に引っ掛けていた)。また、アニメと原作でソリッド・ビジョンの設定解釈が少し違います。

王国編 遊戯王デュエルモンスターズ


ある日、デュエルモンスターズの創造者「ペガサス・J・クロフォード」から届いた一通のビデオレター。そのビデオレターに現れたペガサスがデュエルをすると言い出し、テレビの前にカードを置いてデュエルを始める遊戯。しかし遊戯の戦略は、全て見透かされていた。ビデオの時間切れによって遊戯の敗北扱いとなり、罰として祖父・双六の魂をビデオに封印されてしまう。最後にペガサスは、自分が「千年眼(ミレニアム・アイ)」を持っている事を告げ、消えていった。双六を救う為、ペガサスが提示した条件である、「決闘者の王国(デュエリストキングダム)」への参加を決意する遊戯。一方、親友の城之内克也もこの王国に参加したいと言い出す。それは優勝すれば賞金が手に入り、目の病気に苦しむ妹・静香を救える為であった。そして始まった王国での戦い。各地から名だたる決闘者が集まっているが、その中に、ペガサスの刺客「プレイヤーキラー」が紛れ込んでいた。遊戯達はそれぞれの目標を果たせるのか。そして、前回の戦いの末、昏睡状態になっていた海馬は…。王国編のデュエルでは、上級モンスターカードを召喚するのに生贄が不要であり、現在行われているデュエルとは違う初期のルールだった。また、デュエルに使用されたソリッドビジョンのシステムも、原作ではテーブル型であるのに対し、アニメでは体育館並みのかなり巨大な装置となっていた。

遊戯王デユエルモンスターズ

遊戯王デユエルモンスターズは原作のカードゲームを再現したトレカ商品が大人気を呼んだことをきっかけにリメイクされたTVアニメ作品です。原作『遊☆戯☆王』は1998年にテレビ朝日系(一部系列局除く)でアニメ化されていますが、この初代版は人気を得ることなく半年で終了した。元々この作品は、主人公武藤遊戯が、様々なゲームを駆使して世の中の悪を倒すという物語であり、劇中のカードゲームはそのうちの一種類に過ぎなかったが、原作及びコナミによって商品化された当カードゲームの実商品の人気が高まり、テレビ東京系列で再アニメ化の運びとなった。

毎週火曜19:28〜(途中から19:30〜)だったが、のちに毎週水曜18:30〜に放映時間が変更になっている。制作はテレビ朝日版の東映からnasへと変わり、スタッフはキャラクターデザインを担当した荒木伸吾、姫野美智以外はほぼ刷新された。主人公武藤遊戯の声優にジャニーズJr.の風間俊介を起用したのを皮切りにテレビ朝日版とは大幅にキャストが変更された。本作はリメイク作品とは言っても、1話ではいきなりライバルの海馬戦をダイジェストにまとめたものを放送し、2話以降は早くも王国編が開始されるなど、カードバトル以外の原作エピソードはほとんど省略・改編されている。また、劇中に登場するカードも一部を除き実商品をスキャンして全く同じものを登場させるなど、実商品とのコラボレーションを強調する手法が採られていた。

原作では最後のカード戦以外の展開となった「ドラゴン・ダイス&ダンジョンズ編」は、内容を若干アレンジして「ダンジョンダイスモンスターズ編」として放送されたほか、オリジナル展開で「デュエルモンスターズクエスト編」「乃亜編」「ドーマ編」「KCグランプリ編」が放送された。また、ソリッド・ビジョンシステムを駆使したデュエル・ディスクなどの設定は、原作とアニメでは違いがあります。